映画~とんび~2022

運営者運営者

2022年4月8日
重松清氏の名作、映画版とんび】が公開と
なりました♪
父子の絆を描いた、どこか懐かしい
昭和の物語を、
阿部寛さん
北村匠海さんで送る感動の映画
2013年には、TVドラマ【日曜劇場】
放送されていましたが
私も毎週楽しみに見て感動し
泣いていました。。。😭
こちらでは、そんな名映画
ドラマ版【とんび】と映画版【とんび】の
キャストやロケ地の違いについて
様々な話題をご紹介します!span class=”pink”>♡

重松清の名作【とんび】とは?

昭和30年台後半、瀬戸内海に広がる
町で暮らす、無鉄砲で不器用な男が

愛するを妻を突然亡くし、残された
息子を男手一つで育てていく中

不器用がゆえに、周りと衝突し乍も
そんな人たちの助けをもらい懸命に
生きる姿を描いた物語

学力がなく、両親もいない中で育った
主人公(ヤス)が

成長する我が子との葛藤…旅立ちなど
子供との向き合い方に悩みながらも
息子の事を一番に思う男親の姿に
大勢の人が涙し、感動した名作です

名作【とんび】のキャストについて

映画版キャスト陣

父親…市川安男(ヤス)…阿部寛
息子(旭)…北村匠海
ヤスの女房(美佐子)…麻生久美子

ヤスの幼なじみ(照雲)…安田顕
照雲の父(海雲)麿赤兒«まろあかじ»
照雲の妻・・・大島優子

小料理屋の女将・・薬師丸ひろ子

(大人)旭の婚約者…杏(アン)

ドラマ版キャスト陣

父親…市川安男(ヤス)…内野聖陽
息子(旭)…佐藤健
ヤスの女房(美佐子)…常盤貴子

ヤスの幼なじみ(照雲)…野村宏伸
照雲の父(海雲)…柄本明
照雲の妻…加藤貴子

小料理屋の女将…麻生祐未

(大人)旭の婚約者…吹石一恵

映画・ドラマ~それぞれの主題歌

今回の映画版で歌われる主題歌は
人気デュオゆずが歌う
【生信子】ヒヤシンス~

ドラマ版は、福山雅治さんが歌った
【誕生日には真白な百合を】~

共に、心に響く詩とメロディーが
とても素敵ですね♪

(ドラマ版【とんび】視聴後は、いつも
鼻歌でうたってたな~。。。)

ちなみに、ドラマ版では
福山雅治さんの奥様である
女優、吹石一恵さんも旭の婚約者
として登場しています♪

映画版~ロケ地情報

~岡山編~

映画のロケ地は、作家重松清氏の故郷
である岡山県が舞台となっています

瀬戸内海沿いに広がる自然豊かな
人情味ある町として描かれていますね

映画版の舞台となっているのは
岡山県の備後市(びんごし)??

岡山県のプチ情報♪

岡山県の昔の呼び名は【吉備(きび)の国】と言います。その後…大化の改新(645年)頃に【備前、備中、備後、美作(みまさか)】と4つに分かれまた。

映画では、この備後(びんご)の旧名をもじりながら備後市‥としたのでしょうかね?(^^♪

いずれも、この4つの呼び名から【備前】【備中】【美作】の3つを合わせて【岡山】と呼び、【備後】だけはお隣の【広島県】になったとか?(゚д゚)!
※なんでここだけ??

プチ情報♪その2

岡山県の特徴は、中国山地、四国山地と挟まれていて、県全体としては雨量が少ないと言われていますが、そんな中、映画の舞台となっている場所は、温暖気候の瀬戸内沿い♪一般的に【地中海気候】と呼ばれて雨や風少なく、台風がほどんど通過しないので、昔から【製塩】や【果樹栽培】が盛んなんだそうです!

すかさず

映画の中では、主人公【ヤス】が務める【瀬戸内運送】として登場したのは、地元の製塩会社【錦海ソルト】さんとか♪ さすが、製塩業の町!しっかりロケ協力して下さっていますね!

映画版【とんび】~
周辺の代表的観光名所??って

映画版とんびは、岡山県瀬戸内海沿い
の笠岡市を含む様々な場所で撮影され
ていますが
笠岡市は岡山県と広島県の県境に位置
する人口約48000人弱の小さな市です。

今もなお貴重な昭和感が漂う場所
が点在していて

まさに、この映画が必要とする貴重な
街並みが残る場所であった事がロケ地
に選ばれた理由だったとか?

プチ情報と感想~

笠岡市岡山県と広島県の県境に位置する人口約48000人弱の小さな町で、正直あまり耳にした事のない市ではないかと思います・・・ごめんなちゃい^^;🙏

県庁所在地の岡山市や、観光名所の倉敷市より、隣接する広島県福山市の影響が大きく、昔から福山市との交流が長く続いているそうで・・

映画の時代背景として欲しかった昭和の風景は、『セットではなく本物を求め、今もなお生活されている人々がいる町を探したかった…』とエピソードがありましたが、ココ笠岡市はまさに昭和の懐かしい風景が残されている貴重な町だったようですね(^^♪

ここで、ちょっと話はズレますが…

地元よりも、隣の市との交流が深くなり、今では県名が変わってしまった地域もありました…※越県合併

文豪【島崎藤村】の生れた木曽十一宿の一つ【馬籠宿】のある長野県木曽郡山口村です。

※山口村は、移動手段や生活に関する様々な事で不便な事が多く、住民の大半が通勤、通学を隣の岐阜県中津川市にしていた事で、結果的に村は消滅し、現在は【岐阜県中津川市山口】となりました…(;_:)平成17年(2005)越県合併

当然ながら、当時の長野県民からは大変な反対派が続出したんですよ!かの有名な文豪【島崎藤村】の故郷【長野県山口村】の名前が消え、岐阜県に編入されたのですから~!!

一番ショックを受けたのは、間違いなく【島崎藤村】本人ではないでしょうかね…😭代表作【初恋】~

ところで、岡山県笠岡市の周辺で一番
目立つ存在とは…?

やはり瀬戸内海に架かっている
本四架橋(ほんしかきょう)~

瀬戸大橋では
              ~瀬戸大橋

本四架橋の詳細!

本四架橋とは、字の如く本州と四国を結ぶ橋の事で、一番大きな瀬戸大橋別名、児島~坂出ルートと呼び、岡山県鷲羽山~香川県坂出市を結んでいます。その他、広島県尾道市~愛媛県今治市を結ぶ別名、しまなみ海道…さらに本四架橋では最後に完成した兵庫県明石市と淡路島を結ぶ明石海峡大橋の3つの総称を言うのであります!!

これにより、本州から四国へは全て陸路で繋がり、フェリーを使わず行き来する事が可能になったのです。が…

反面、長年活躍してくれたフェリーの往来がなくなったと言う悲しい現実もありますけどね(;_:)


昭和53年10月着工~昭和63年4月10日完成
総工費1兆1千300億円

当時のエビソード♪😭
私の記憶が正しければ?(どこかで聞いたフレーズ^^;)

この橋が完成した時、橋桁を建設した5つの島の中心【与島】に住む主婦が、当時『本州に買物に行けるようになって嬉しい~!!』との事で、自動車免許を取ったと。。。

しかし、瀬戸大橋の通行料金が、普通車現金払いで往復¥4000越しであったため『毎日行けな~い!!』と問題も発生!『買物するにも一苦労だ~』と、そんな話題で車内が盛り上がったものです😝

映画版【とんび】~まとめ

2022年4月、映画版として名作
【とんび】が帰ってきました!

個人的には、まだ拝見してない映画版
なので

阿部寛さん演じる(ヤス)が、どんな
感じなのか?子役は?

そして、成長した息子(旭)
演じた北村匠海さんは??

脇を固める俳優陣もベテラン揃いです
が…

やはり、主役の父子二人がどの様に
映るか?

早く見たいよ~!!

こちらでは、映画版【とんび】
キャストやロケ地周辺の話題を
紹介させていただきました~!

ドラマ版は、こちらからどうぞ

では、今回はこの辺で!
有難うございました~(^.^)/~~~